フィギュア情報

フィギュアブログ

    タグ:覚醒

    CkG8SEUVAAAXh-2[1]
    企画・製造マックスファクトリー「ファイアーエムブレム 覚醒」「ティアモ1/7スケールフィギュア」ふたばよりレビュー
     イーリス天馬騎士団の若き天才騎士「ティアモ」の清廉さと強さを持ち合わせた
    魅力を余すところ無く再現‼
    【『ファイアーエムブレム 覚醒』グッスマ「ティアモ 1/7スケールフィギュア」レビュー】の続きを読む

    製品仕様

    ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア
    【サイズ】 全高:約 140 mm(ノンスケール)

    【セット内容一覧】
    本体
    専用台座
    表情パーツ(にらみ顔、笑顔)
    交換用前髪パーツ・後頭部パーツ
    マント
    ファルシオン

    解説

    原型製作 北出正人・枡(マックスファクトリー) 制作協力 浅井真紀 ニンテンドー3DS用ソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』より、滅びゆく未来から来た少女「ルキナ」が「figma」で登場! ・スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで、劇中のあらゆるシーンを再現。 ・要所に軟質素材を使う事で、プロポーションを崩さず可動域を確保。 ・表情パーツには凛々しい「にらみ顔」と、柔らかな「笑顔」をご用意しました。 ・物語序盤の姿を再現する「交換用前髪パーツ・後頭部パーツ」が付属。 ・「マント」は着出可能。 ・「ファルシオン」は、鞘に専用の柄パーツを取り付ける事で納剣状態にする事も可能です。 ・さまざまなシーンを可能にする可動支柱付きのfigma専用台座が同梱。
    © 2012 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS Licensed by Nintendo
    figma ファイアーエムブレム 覚醒 ルキナ(再販)[グッドスマイルカンパニー]
    あみあみ本店 |figma ファイアーエムブレム 覚醒 ルキナ ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア(Amazon)


    【『ファイアーエムブレム覚醒』figma 「ルキナ 」ファイアーエムブレム覚醒よりルキナが再び登場!ねんどろカービィやfigmaリンクとスマブラっぽくも遊べます】の続きを読む

    CNkX8AyUEAAowme[1]

    87601 Bfigma ルキナ Name 名無し 15/08/29(土)15:01:38  No.3389056
    figma ルキナ(ファイアーエムブレム覚醒)が届いていました










    【『ファイアーエムブレム覚醒』figma 「ルキナ」つい、出来心で…… レビュー】の続きを読む

    製品仕様

    ABS&PVC製塗装済み完成品
    【スケール】1/7
    【サイズ】全高:約240mm

    【セット内容一覧】
    フィギュア本体
    専用台座

    解説


    原型制作 シャイニングウィザード@沢近(マックスファクトリー)

    ニンテンドー3DS用ソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』より、イーリス天馬騎士団の若き天才騎士「ティアモ」が1/7スケールで登場!
    イラストレーターのコザキユースケ氏のポーズ原案を元に、清廉さと強さを持ち合わせるティアモの魅力を余すところ無く再現、来たる戦いに備えて独り訓練に励む姿をイメージして立体化致しました。
    古代都市をイメージした台座とペガサスの羽のモニュメントが世界観をより一層引き立たせ、静かに波紋が生じる水面は外して飾ることも可能となっております



    © 2012 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS Licensed by Nintendo
    ファイアーエムブレム 覚醒 ティアモ 1/7 完成品フィギュア[グッドスマイルカンパニー]
    あみあみ本店
     |ファイアーエムブレム 覚醒 ティアモ 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュアAmazon
    【『ファイアーエムブレム 覚醒』「ティアモ」1/7スケールフィギュア」イラストレーターのコザキユースケ氏のポーズ原案を元に立体化!】の続きを読む

    o0503060013362262655[1]
    マックスファクトリー企画部I.G.坂井さんより「ファイアーエムブレム 覚醒」より 「ティアモ」1/7スケールフィギュアの彩色原型の画像が公開されました。
    明日より予約開始に
    【『ファイアーエムブレム 覚醒』マックスファクトリー「 ティアモ」1/7スケールフィギュア明日より予約開始】の続きを読む

    このページのトップヘ